アルディのホームページはこちら


構造

家を設計する上で 大事になる事

 

構造の組み方 これが分かってなくて プランするのも怖い

大きな開口に 大きな吹き抜け よくあります

 

梁の組み方にも 注意してというけど それを考える知識と技術は 相当大変です

現場に従事してきた年数と(実際に構造に携わってきたか、木のことを知っているか)

 設計士の資格を持っていても、構造を分かって家を作る事は出来ないという 別物  

ただ設計士として 最先端の技術を学んでいくことも大切な事

 長期優良や耐震構造の設計 μ値とか 最近では 机上の計算が出来ないと 国の出してくる指針に対応して

家を建てられなくなる世の中になっています

 また机上の上の計算だけで すべてうまくいくかと言うと 別だと思いますが!

 

ものを知っている人 知識が多い事 経験があること 実際に作ってる人 哲学を持ってる人(笑い)

かなり前にも 構造の手抜きで法が改正されましたが 普通に たくさんあると思いますが...

 

 ん〜〜〜〜〜 いろいろ むずかしいですね〜〜〜

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2020.03.13 Friday
  • -

関連する記事